ミラブルPlusのカートリッジの効果・交換時期は? カートリッジ無しでも使える?

トルネードスティック 未分類

ミラブルPlusにはトルネードスティック(カートリッジ)という、オプションがあります。

これは従来品にはなかったオプションパーツで、ミラブルPlusの目玉になっているんです。交換式で別売りではありますが、ミラブルPlusを購入すると特典でひとつ付属してきます。

今回はこのミラブルPlusのカートリッジの効果、交換時期などについてそれぞれ簡単に紹介しましょう。

ミラブルPlusのカートリッジの効果とは?

ミラブルPlusのカートリッジには、大きな効果があります。人によっては不要だと感じるかもしれませんが、人によっては助かる効果があるんです。

水道水の残留塩素をカットできる

ミラブルPlusのカートリッジの効果は、水道水の残留塩素を減らすことです。

水道水を浄水する過程で、塩素を使っています。それが水道水の中に溶け込んでいるわけですが、このカートリッジを通してシャワーを出すことによって、残留塩素を減らすことができるというわけです。

その効果は80%減。

結構大きいですよね。

ミラブルPlusのカートリッジには亜硫酸カルシウムという成分が含まれるボールが、たくさん入っています。

この亜硫酸カルシウムは、還元剤としての性質を持っているんです。還元剤というのは、かなりかいつまんで言えば、酸化した物質の「酸」を取り除く効果のあるもの。代わりに、還元剤が酸化されます。

塩素は酸化剤としての性質を持っているため、亜硫酸カルシウムで取り除けるというわけです。

まあ…簡単に言えば、カートリッジの中にあるボールが塩素を頑張って取り除いてくれているよという感じですね。

塩素の持つ効果は消毒

水道水には塩素が含まれています。

塩素は浄水のときに使うと説明しましたが、それはなぜか…。

答えは、塩素に消毒効果があるためです。今回はカートリッジの説明なので詳しくは省きますが、水を飲んだり浴びたりしても大丈夫なように消毒するため、塩素が含まれています。完全な悪者ではないんです。

人体に害の無い濃度にまで抑えられていますしね。

塩素をカットするメリットとは

塩素には消毒効果があり、人体に害のない濃度にまで抑えられているなら、なんで取り除く必要があるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

塩素をカットするメリットは、「肌に優しい水(お湯)」にするというところにあります。

人体に害のないレベルではあるとはいえ、肌に対する刺激にはなるんです。この刺激を受け続けることによって、肌が弱い人は肌荒れなどを引き起こす可能性があります。

アトピー性皮膚炎の悪化因子のひとつにも数えられているので、「別に浴びても良いけど減らせるなら減らしたほうがいいもの」なんですよ。

つまり、肌が弱い人のために「減らせるものは減らしておきますね」というのが、ミラブルPlusのトルネードスティックというカートリッジの役割なんです。

開発・販売元のサイエンス社の会長が、肌の弱い娘さんのためにミラブルを作ったということですが、このカートリッジもそうなんですよ。元はと言えば、アトピーを持つ娘さんの肌に優しいシャワーを作るためだから、敏感肌の人・肌が弱い人にはありがたい効果があるということです。

塩素をカットするデメリットはあるのか

塩素をカットすることで何かデメリットはあるのか、気になる人もいるでしょう。

実は、特に無いんですよ。

水道から流れている時点で、その水は消毒済みです。塩素はもう役割を果たしていると言えます。もちろん、塩素を取り除いた状態でずっと置いておくと何かしらの不都合はあるかもしれませんが、シャワーとして浴びるなら関係ありませんよね。

カートリッジというフィルターを通して塩素をカットする分には、デメリットは特にありません。

安心して使いましょう。

ミラブルPlusのカートリッジの交換時期は?

ミラブルPlusのカートリッジの交換時期は、公式は1~3ヶ月を目安としています。

ただ、実際に使った人は「4ヶ月くらい使っても大丈夫」という声を挙げているので、目安より少し長く使い続けられるでしょう。

こういうメーカーの掲げる交換目安は、少し短めになりがちなんですよ。使用頻度が高く、1回あたりのシャワー時間も長い人に合わせますから。使い方によっては、長持ちすることも考えられます。

交換時期を過ぎたら、目に見えて変化があるので安心ですよ。

交換時期を過ぎると、次のような症状が表れます。

  • 中の亜硫酸カルシウムボールが固まる
  • 中の亜硫酸カルシウムボールが減る
  • 中の亜硫酸カルシウムボールが変色する

新品の状態だと、ギッチギチに白いボールが詰まっているんですよ。それが交換時期が過ぎると内容量が明らかに減っているように見え、色も緑っぽく変わってきます。

先程「還元剤は酸化した物質の酸を取り除く代わりに、自分が酸化する」と書きましたが、その反応でしょうね。

こうした症状が見られてきたら交換するようにすれば、安心して使えます。交換時期はあくまで目安として、考えておいたほうが良さそうですね。

また、ミラブルPlusのカートリッジは1本3190円(税込)なので、ランニングコストはそこそこかかります。

メーカーの言うように3ヶ月に1回交換すれば、1万2000円以上かかるんです。

4ヶ月に1回なら、9600円程度におさえられます。

ミラブルPlusはカートリッジ無しでも使える?

ミラブルPlusにはカートリッジがありますが、ランニングコストは正直結構かかります。本体価格も高いですし、塩素除去効果に魅力を感じないなら使いたくないですよね。そこで、カートリッジ無しでもミラブルPlusは機能するのかについて、説明します。

カートリッジ無しでも使える

結論から言うと、カートリッジ無しでもミラブルPlusは使えます。

塩素除去効果が無くなるだけですから。ウルトラファインバブルの量が従来品より増えたところも、節水効果が高いところも、本体の性能なのでカートリッジは関係ありません。カートリッジはそもそも別売りなので、本体だけで使えないと意味が無いですしね。

だから、塩素除去効果に魅力を感じないのなら、カートリッジを追加購入する必要はありません。

また、最初に無料で付属するカートリッジを数ヶ月使って、効果が実感できなかったら追加購入はしないようにするのがおすすめです。

それで塩素除去効果が無くなった状態で使い続け、「あれ、やっぱり効果あったのかな」と思ったらまた買えば良いですからね。

無料なので、まずは使ってみてから判断すると良いでしょう。

交換せずカートリッジを使い続けるのはおすすめできない

ミラブルPlusの機能は、塩素除去効果以外は全て本体に搭載されているものだから、カートリッジは別に無くても構わないということでした。

ただし、取り外したり交換したりせずにカートリッジを使い続けるのは、おすすめしません。

取り外さずに使い続けると、中に入っている亜硫酸カルシウムボールの「カルシウム成分」が水道水に含まれる銅と反応を起こします。

先程「交換時期を過ぎるとボールが溶けて固まる」と説明しましたが、それは銅と反応して起きることなんです。おそらくは、中身が減っているように感じるのも溶けているためでしょうね。

中のボールが溶けて固まるとどうなるか…。

カートリッジは水道水を通すフィルターの役割をしています。水道水はカートリッジの中を通り、シャワーヘッドに供給され、出てくるんです。

中のボールが溶けて固まっていると、水の通り道がふさがってしまいます。そのため、水圧が弱くなったり水が出なくなったりすることがあるんです。

取り外せば問題無いので、カートリッジを使わないのなら、交換時期を過ぎた後に取り外しておきましょう。

また、節約のために交換時期を過ぎても使い続けるようなことも、しないほうが良いです。故障するかもしれませんからね。

結論:肌が弱い人はカートリッジありのほうが良い

ミラブルPlusのカートリッジの効果は、水道水に残留している塩素の80%を除去して、肌に優しい水を流すことです。

肌が弱い人、敏感な人でなければ水道水をそのまま使っても特に問題はないでしょう。美容に気を遣うなら、肌が弱くなくても塩素をカットしたほうが良いかもしれませんが。

いずれにせよ、肌が弱い人、敏感な人、肌荒れが気になる人のためのものです。

それらに当てはまる人は、カートリッジがあったほうが良いでしょう。

ミラブルPlusを購入する際は、「特典:つける」を選択したうえで、購入手続きをし、まずは1本試してみると良いのではないでしょうか。